人間力を高める 一般社団法人 人間塾


認定講師一覧


  • 谷ヶ城 隆(やがしろたかし)

    元会津青年会議所・会津NPOセンター理事長、建設会社社長。大卒後帰郷し33歳で社長就任、林野庁長官賞等、経営に関わる賞を数々受賞。しかし工事量が激減、主銀行が破綻し会社を倒産させる。資産の総てを失い自殺を考えるが、小6の娘の「私頑張るから‼お父さんも…」の一言で我に返る。辛酸の中、無一文から再起。現在建設関連数社の代表と顧問を務める。「人生はやり直せる。」という思いを伝えるために、人生学講師として活動中。

  • taisyou@wonder.ocn.ne.jp

  • ブログ

  • 東北

メッセージを読む

人間って素敵、人生は何て素晴らしい。 今の私は、心の底からそう言えます。 周りから人が去り、他人のせいにして何もせず 苦しみ悩んでばかりいた私。 身勝手な私は、原因が 全て自分自身にあることに気が付きませんでした。 過去は変えられません。 変えることができるのは未来と自分だけなのです。 素直に即実行で在るがままの自分を認め実践を薦める 人生学が私を変えました。 私たちと一緒に人生学を学んで幸福な未来にチャレンジしませんか。



  • 福本 浩之(ふくもとひろゆき)

    福元気株式会社代表取締役。学習塾講師、IT関連機器の法人営業などを経て現職。前職ではなかなか実感できなかった「人様の役に立つ」を仕事を通じて実践するために、平成24年に独立起業。現在は、洋の東西を問わぬ先達の教えに学び人生を豊かにする「人生学」の講師業と、安心安全な健康食品の販売を通じて、人々の心と体を元気にする活動に取り組んでいる。座右の銘は「一燈照隅、万灯照国」。

  • fukumoto@fukugenki.co.jp

  • HP   /   ブログ

  • 関西

メッセージを読む

たとえば両親や家族、揃っていて当たり前の人がいなくなって初めてその有り難さに気付くことがあります。 これまで「当たり前」であったことを「有り難い」と感じる、そんな心の変化を引き起こすキッカケとなるのが「人生学」です。 考え方が変われば、「当たり前」でつまらない人生が「有り難く」て素晴らしい人生に変わります。 「人生学」を通じて、そんな幸せを感じてもらえる人が一人でも多く増えれば幸いです。



  • 山田 隆任(やまだ たかとお)

    印刷会社勤務。人間塾in名古屋塾頭。入社3年目でトップ営業となりリーダーを拝命。知識や技術で統率しようとするが部下の信頼を得られず苦悩の日々を送る。その後、人間塾で「リーダーとは生き方そのものである」と学び、外に向けた矢印を自分に向け直す。修己治人で己を変える努力を続けることで、ネット通販部門リーダーに異動後、一年で部門初の予算達成を実現する。自分のように苦しむリーダーを救いたい、と人生学の講師として活動中。

  • takatohyamada@gmail.com

  • 中部

メッセージを読む

人の悩みのほとんどが対人関係の悩みだと言われています。 それは相手に問題があるのではなく、他人を許せないことであったり、自分を許せないことであったりと、ほとんどが己自身に問題があるのです。私も以前は対人関係に悩み続けていました。 過去と他人は変えられません。変えられるのは自分と未来だけ。相手を尊重し、そして自分も尊重する。そんな生き方をしてみませんか? きっと今よりずっと心が楽になりますよ。



  • 鈴木 三穂子(すずき みほこ)

    大卒後23歳で結婚、38歳肺癌の夫を2年の闘病の末看取る。すべての出来事は必然であり越えられない困難はないと信じ人を勇気づけることを使命とする。99’渡英しカラーセラピー講師、05’アドラー心理学と出会い勇気づけのELM講座開発、以後600名以上の講師を育成する。親子関係セミナーSMILE講師、港区教育委員会まなびや講師、人生学講師。講演実績は聖心女子大学、(社)経団連ゲストハウス、川口市看護協会など。23歳の息子と二人暮らし。

  • msjinseigaku@abeam.ocn.ne.jp

  • ブログ

  • 関東

メッセージを読む

たとえどんなに過酷なことが「今」起こっていたとしても、それをどう捉えるかは私たちの「自由」です。たとえば、何かのせいにして、かわいそうな自分になることもできます。でも、この身に起こる出来事は、自分にピッタリの課題かもしれない。そう思ったとき、私の世界は変わりました。私たちは課題を解決する力をすでに持っています。考えているよりも自分の力を信じて行動する方が、実はずっと簡単です。是非一緒に学びましょう!  



  • 鈴木 淳子(すずき じゅんこ)

    ベンチャー企業採用担当。トップ命令で未経験のまま採用部門を立ち上げた。「自分の能力以上の人は採用できない」という言葉に危機感を持ちながら教育も担当。しかし、そこで壁にぶち当たる。「相手を無理矢理変えよう」とし、ことごとく失敗。そこで人間塾、人生学に出会い間違いに気づく。今大切にしていることは「承認を与え、信頼し、相手の可能性を信じる」こと。人生学認定講師、人間塾関東女性支部支部長

  • rebunlove@gmail.com

  • 関東

メッセージを読む

世の中に陰と陽があるように、人間にも良いところと悪いところがあり、完璧な人なんて居ないと思う。でもそれが「人間らしく」て素敵だと思います。「よくなりたい」と願う人の心に灯りを点したい。頑張る人の力になりたい。そして小さな幸せが波紋となってひろがっていったら、きっとみんな幸せになる。いつも眉間にしわを寄せて攻撃的だった私が、今とても楽しく毎日を過ごせるようになったきっかけを、人生学を通して伝えていきたいと思います。  



  • 長谷 香代子(はせ かよこ)

    コールセンター業界歴21年。100万人の顧客と対話し、6年間で750人の育成に関わるコミュニケーションスペシャリスト。産まれつきの障害により、子供時代は対人関係構築に弊害があった。心理学に出会い、産業カウンセラー、交流分析インストラクターなどの資格を取得し克服。人間塾で東洋哲学を学び、二つの学問が人間関係=人生を豊かにするための羅針盤だと確信を持ち、人生学講師となる。人間塾in名古屋副塾頭。

  • info@hasekayo.net

  • HP   /   ブログ

  • 中部

メッセージを読む

生きていると、楽しいことだけではなく、苦しいこと、辛いこと、くよくよ迷ってしまうことも起きますよね。 そんな時、どうしていますか? 抱え込んで悩んでいませんか? 自分にダメ出しし、迷路の中でもがいていませんか? 実は、辛く苦しい経験は、キラキラ光るダイヤの原石なのです。 人生学を通じ、いつも笑顔が絶えず、生きててよかった!と感じる毎日になればと願います。 あなたとの出逢いを心待ちにしています。  



  • 高瀬 徹(たかせ とおる)

    美容師歴27年。どんな髪の問題も解決するヘアケアのスペシャリスト。美容師としてよりレベルアップする為の方法を模索していた所、当法人代表小倉の講習会に参加し感銘を受ける。受講者の勉強熱心さを見て、人間力の大切さと自らの勉強不足を痛感し、より深い学びをと考え人生学認定講師の道に。「生きている」ただそれだけで有り難く、幸せである。この気づきを分かち合う為に、人生学を伝えている。生涯、美容業を通して学び、実践し、教える事をモットーに活動中。

  • 関東

メッセージを読む

私は、この『人生学』を受けた次の日から見えなかった物が、見えるようになり、気付かなった事に、気付くようになりました。そして、気になってしょうがなかった事が、全く気にならなくなっていました。 おそらく周囲の環境は受講前と何も変わっていないはずなのに、、、 何故なのか?? 私の感性を変え、私の視点を変え、私のこれからの人生を変えるカリキュラムが満載の『人生学』!!  私たちが幸せになった分だけ、周囲に優しさが満ち溢れます。共に学び、共に幸福を味わいましょう。  



  • 木下 暁子(きのした あきこ)

    長野県在住。自身の離婚から始り、子供達の不登校や心疾患に悩み、ようやく落ち着いたと思った矢先、再婚を誓った人が難病とされる特殊な癌を発症。続く苦しみに笑顔を失うも受け容れることを学び、再起。その後チャイルドカウンセラー資格取得、勇気付け心理コンサルタントとしてアドラー心理学をベースとした親子関係セミナーSMILE、ELM勇気付け講座の講師として活動中。人生学講師として活動を広げる。

  • HP   /   ブログ

  • 中部

メッセージを読む

私たちの人生に訪れる喜びや苦しみたち。一見複雑に思える人生は、実はとてもシンプルです。起きた出来事で喜びや苦しみが決まるのではありません。それを決めるのは誰でもなく私たちです。苦しみを喜びに変えること、幸せの糧にすることだってできるはず。「人生を幸せに変えるコツ」を一緒に考えましょう。  



  • 清水 裕一(しみず ひろかず)

    医療機器商社営業企画室長。精密機器メーカーに入社後、同期最速で課長昇進。「営業の鬼」の異名をとり、販売不振地区、関連会社を次々に再生。しかし部下育成において大きな挫折を経験し退職。そこで人間塾に出会い、「逆境の後にしか人生の花は咲かない」ことを学び、逆境のとらえ方を見直し、日々充実した人生を手に入れる。現在は科学的営業を推進する傍ら、人生学講師・人間塾名古屋栄支部長・潤心読書会主査として活躍中。

  • hiroshim6969@gmail.com

  • ブログ

  • 中部

メッセージを読む

「逆境の後にしか幸せの花は咲かない」。私自身も挫折を経験し、それを乗り越えた今なら、そう断言できます。しかし逆境を乗り越えるためには、他人へ向けた矢印を自分自身に向け直さなければなりません。人生学を学び正しい矢印の向け方を理解すれば、ありのままの自分を受け入れ、穏やかな心を取り戻すことができます。肩肘はらずに自然体で自分自身と向き合い、成長したい。そんな方々と共に人生学を学んでいきたいと思っています。  



  • 鈴木 博史(すずき ひろし)

    大卒後、大手IT企業に就職。数多くの大規模システム開発にプロジェクト・マネージャとして参画し、現在に至る。近年、IT業界全体の短納期化によるストレスから、若手社員が心のバランスを崩し、病気になったり退職する姿に数多く直面。働く若者がやりがいや充実感を感じられる「仕事と生活の調和」の実現に向け、「人生学」を通じて、対人関係や将来への不安に関する迷いや恐れを克服するお手伝いをすべく奮闘中。

  • ningen.banzi@gmail.com

  • HP

  • 関東

メッセージを読む

人は誰しも「生き方」に迷いがあります。私も幾多の苦悩に何度も押し潰されそうになりました。なぜ、生きることがこの様に苦しいものなのでしょうか?それは、「生き方」について、我々は何も学んで来なかったからです。「人生学」には、先人の教えである西洋の心理学や哲学と東洋の儒教や陽明学のなかにある「生き方」のヒントがあります。是非、皆さんと一緒に「人生学」を学び、「生き方」の迷いや恐れを克服していきましょう。  



  • 立山 賢太郎(たてやま けんたろう)

    教育系企業において責任者として長年父母の教育相談に応じる。自らの子育ての失敗体験を通じて、大人の成長こそが必要であると体感し、人生学を学ぶことに。知行合一に取り組む中で我が子との関係が好転し、人生学を広めていくことを決意。会社の仕事で社会人教育にも関わるようになり、人生学こそ幸せな生き方をするための原則であるという思いを強くする。悩める人々に幸せを実感してもらいたいと認定講師として活動中。人間塾in東京 副塾頭。人間塾神楽坂支部 支部長。

  • kent08aro30@gmail.com

  • HP   /   ブログ

  • 関東

メッセージを読む

「人は常に向上心を持たないといけない」と自分や相手を変えようとする人が多いように感じます。私もその一人でした。しかし、結果としてその言動が自分を責め、相手を責めるものとなり、結果として人との関係を悪化させていました。人生学を学んだことで考えが変わり、ありのままの自分を認めることができるようになりました。人との関係も変化してきました。毎日が楽しくなりました。この感動と喜びを多くの方に実感してほしい、いまの私の一番の願いです。  



  • 篠崎 龍治(しのざき りゅうじ)

    メーカーの法律部門で7年間勤務後、その経験を活かし異業種へ転職。しかし、転職先で上司との人間関係に苦しむ。上司への負の感情が自分を支配し、うつ病に。一般社団法人人間塾代表・小倉のメルマガに出会い、人生に希望を見出す。相手を変えようとせず自分が変わることで、職場だけでなくあらゆる人間関係が改善され、他人への感謝と自己肯定感が向上。「未来は自分で創ることができる」という体験を伝えるために人生学認定講師として活動中。

  • jin_happy_concept@yahoo.co.jp

  • HP   /   ブログ

  • 関東

メッセージを読む

対人関係が上手く行かず、他人を責めたり、自分を責めたりを繰返していました。本講座により、他人も自分も責めない考え方を知り、かつ、涙が流れる程に他人への感謝が溢れました。その時、見える世界が一変しました。こんなにも周囲から支えられている。なんて有難いことだ、と。家事、育児、仕事などに対して周囲への感謝と貢献を感じながら取組むようになりました。本講座により生活が変わり、人生の財産を手に入れたような気がします。  



  • 三好 清太郎(みよし せいたろう)

    中小企業管理職。役者を目指し、慶応義塾大学中退。舞台に立つものの、売れない自分を責め続け、うつ、神経質症に。しかし自分を好きになる大切さを知り、独学の認知行動療法で心の病いを克服。30歳にして夢に区切りをつけ、人生初の就職を果たす。フィールドの違いに戸惑うものの、トップセールスマンへ。現在は管理職として部下育成にあたる傍ら、自分を好きになる大切さを伝えるため人生学講師として活動中。

  • dreammiyoshi@gmail.com

  • ブログ

  • 関東

メッセージを読む

悩みを抱える人の多くは自分との関係に苦しんでいるケースが多いものです。私もかつて自分を否定し続け、心の病いになりました。ダメな自分を許せない、認められない。そんな苦しみの中で知ったのは、「自分を好きになる」大切さでした。東洋や西洋の哲学・心理学をもとにした人生学には「自分を好きになる」ヒント、きっかけが散りばめられています。一緒に人生学を学び、「自分を好きになる」お手伝いをしたいと思っています。 



  • 川田 浩也(かわた ひろや)

    介護施設管理者。小学校でいじめを受けた経験を機に人の心と向き合う仕事として介護を志す。入社2年半でリーダーに抜擢されたが実家の工場が倒産、仕事でも空回りし、自分を責めてうつ病に。悩みから解放される方法を模索する中でアドラー心理学と出会い、「自分で自分を好きになる」大切さに気が付く。人生学で学んだ確信「対人関係の悩みが減れば幸せに近づける」事をより多くの人に伝えたいと思い活動中。専門学校非常勤講師、介護福祉士、介護支援専門員、人生学講師。

  • hk4-4-4@zd.wakwak.com

  • ブログ

  • 関東

メッセージを読む

うつ病を克服したものの「自分の生き方はこれでいいのだろうか」と思いながら生活をしていた私。きっかけはアドラー心理学でした。アドラーのエッセンスを学びたい、という軽い気持ちで臨んだ人生学。そこで出会った知恵は、今までの苦しみの意味を教えてくれ、未来と自分に集中するきっかけになりました。人生学は「知恵のエッセンス」だと思います。偉大なる先人の教えをともに学び、人生に生かしてみませんか? 



  • 赤埴 忠至(あかばね ただし)

    20代で機械メーカー生産部門の取締役に抜擢される。
    年上の部下から信頼を得るには豊富な知識と正しい発言が不可欠と考え勉強するも成果が出なくて悩む日々が続く。そんな時参加した人間塾でリーダーシップとは自分の生き様そのものであることに気づき、正しい発言だけでは無く、率先垂範して行動する事の大切さに気づく。人生学講師として人材育成にかかわる中で日本の物作り再建に貢献を使命として奔走中。

  • akabanetadashi@gmail.com

  • ブログ

  • 関西

メッセージを読む

他人と自分を比較する度に劣等感を感じ、人の目ばかりを気にしていましたが、 人生学を通して自分の短所を受け入れ人の長所を褒めることが出来るようになりました。 他人と過去は変えれませんが、自分と未来は変えられます。 皆さんと一緒に人生学を通して今まで不満に感じていたことを自分の出番に変えていきましょう。 そしてこれからの人生を肩肘張らずに自然体で生きていく気づきを一緒に得られればと考えています。



利用規約