人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.8「小さな徳を積み損を選ぶ」

  vol.8「 小さな徳を積み損を選ぶ 」

譲れることはできるだけ譲るようにしております。譲ってばかりいたら人にや
られてしまうと考えている人がいますが、そういうことはありません。譲れる
ことは譲ったほうが、逆に強くなれるものです。人から物を奪うような生き方
をしている人は、必ず、晩節を汚します。

                  鍵山秀三郎(かぎやまひでさぶろう)

みなさんも、私と同じような経験をされたことってないでしょうか?

道を歩いているとき、周りをまったく見ずにスマホいじりをしながら前方から
歩いて来た人と自分がぶつかりそうになることって。

私も何度も同じような経験をしました。その時、いつも思うのは「何かをしな
がら、前も見ずに歩くのは止めてほしいなぁ」と。そして、必ず自分の心の片
隅に嫌な気持ちが芽生え、いつもモヤモヤ感だけが残っていました。

こんな、すっきりとしないモヤモヤ感を何とか解消したいと思い、私は「道を
譲る」という小さな徳を積むことを始めることにしました。これは、先の例の
いわゆる、ながらスマホの人との衝突を避けるためだけではありません。例え
ば、細い道で前方からこちらに向かって誰かが歩いて来たとき、自分とすれ違
う直前、お互いに衝突を避けようと左右に体を移動させ、結果的にお互いの道
を塞いでしまうような場合でも、道を譲るようにしています。以前の私なら、
「相手が先によけてくれないかなぁ」ばかり考えていました。でも、今は違い
ます。衝突しそうになる前に、必ず相手より先に自分から、それも少し大股(?!)
で左右どちらかに寄って、道を譲るようにしています。また、出勤時間帯の地
下鉄の駅ホームからの上りエスカレータ入口付近では、一か所に多くの人が集
中するので、軽く微笑みながら、お先にどうぞという気持ちで道を譲るように
しています。

この「道を譲る」という小さな徳を積むことを続けているうち、それまでとは
少し異なった心の中での変化に気が付きました。

それまでの自分は、いつも結果的に心の中にモヤモヤ感が残るので、できれば
衝突は避けたいということばかり考えていました。でも、現実はそうともいか
ず、「前を見て歩けよ」とか「少しぐらいよけてくれてもいいじゃないか」と
か、毎回、理由は違えど、いつも心の中で愚痴を叫んでいました。さらに、そ
の後にモヤモヤ感が残るので、これって精神衛生上も良くないなぁと思ってい
ましたが、どうすることもできず、ずっとやり過ごしていました。

ところが、「道を譲る」という小さな徳を積むことを始めてから、心の中に嫌
な気持ちが芽生えなくなり、モヤモヤ感もなくなっていたのです。それまでは、
相手と衝突しそうになると、すべて相手に問題があると考えていました。だか
ら、衝突を回避する「よける」という行為は、自分ではなく、相手にやらされ
ていると感じていたのでしょう。誰だって、自分の意志ではなく、他人の意志
で行動することは、ストレスを感じるものですよね。でも、今の自分は、道を
譲るという行動を自発的に行っているから、嫌な気持ちにならず、モヤモヤ感
もなくなったのだろうと考えていました。

でも、さらに、「道を譲る」という小さな徳を積むことを続けているうちに、
自分の中で、そうではないのではと、考えるようになりました。

以前は、避けていた衝突場面に遭遇すると、「どうして相手の方が先によけて
くれないのか」という他責な考えになり、まるで自分が先によけたら何か損で
もするかのような気がしていたのです。本当に情けない傲慢な自分がそこにい
たのです。だから、相手と衝突しようがしまいが、この自分の傲慢さが、形を
変えて、自分自身に降りかかってきただけだったのです。そして、この傲慢さ
の結末こそが、私の心の中に芽生えたモヤモヤ感の正体だったのだと、気付か
されました。

自分は、道を譲っているではない。道を譲らさせて頂いているのだ。

なぜ、こんな簡単なことに気が付かなかったのでしょう。何か事を為すとき、
自分がしているんだというような上から目線での実践だと、それは事を為さな
い。させて頂いているのだという心を忘れてはならないということを身を以て
学ばして頂きました。

今も道を譲ることは続けています。でも、時には、相手と衝突しそうになるこ
ともありますが、そんな時、相手に対して素直な気持ちで「すいません」と言
えるようになりました。そして、それと同時に、心の中のモヤモヤ感は、すっ
かり姿を消していました。

筆者:一般社団法人 人間塾 人生学認定講師 鈴木博史(すずきひろし)
⇒ http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

編集後記

はじまして、人生学認定講師の鈴木博史です。最後まで、お読み頂き、ありが
とうございました。

最初は簡単にできると思ってやり始めた「小さな徳を積む」という行為ですが、
やり続けるのは、結構大変です。完璧を望むと、できない自分を責めることに
なり、まったく意味がなくなるので、私は、目標半分ぐらいと決めてやってい
ます。別にできなくたって、元々やっていなかったのだから、やれているだけ
まし。むしろ、継続する方が大事。まさに「継続は力なり」と信じて続けてい
ます。

9月20日、私が講師を務める「人生学体験講座」が開催されます。場所は、
東京の東日本橋。もし、お時間がある方は、私といっしょにワークやシェアを
体験しながら、人生学を学んでみませんか。お待ちしております。

●人生学体験講座:2014年9月20日(土)10:00~11:30
 開催場所:東京都中央区 最低遂行人数:2名~
 くわしくは⇒ http://kokucheese.com/event/index/204683/

●人間万事塞翁が馬(ブログ)
 くわしくは⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/ningen_banzi


利用規約