人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.71 「 胸の中の敵。」

vol.71「胸の中の敵。」

 人間にとって真の最大の敵は、自分の胸の中に居る。
         ルキウス・アンナエウス・セネカ

 あなたは自分自身の敵に出会ったことはありますか?

私は、自分の敵と戦うことが日々あります。
例えば
「痩せたい」と思いながらケーキを食べているし、
「これは違う・・・」と思いながら諦めているし、
「やめたい・・」と思うのにやめられないし、
考えれば考えるほど、自分自身の敵に勝利を譲っている。

敵の勝利宣言は「まぁ、いいんだよ。」が決まり文句。

そして最大の敵が出てくる時・・
それは仕事上離れることができない上から目線のアイツと話す時。

言っていることは理解できるが、全てを飲み込む訳にいかない!
けれど、業務上この人の言う事を聞いておかなければ

今後の業務がやりずらい・・。

そんな時、敵は耳元で囁く。

「まぁ、いいよ。はい、はいって言っておけば拗れることもないし
ちょっと大変になるけど頑張ればなんとかなるよ」

ちなみにこの敵の基本姿勢はネガティブにもかかわらず
思考はポジティブだ。
「大変になるけど、経験になる」とリフレーミングをしていたり
下手をすると「環境が悪い」とまわりのせいにして自分に甘い。
私は「上から目線のアイツ」の言いなりになっているのは
自ら意見を言うのをやめただけ。

関係が拗れたら面倒くさい。

嫌われたくない。

我慢する自分でよい。

同時に、こんな疑問もぶつけていた。
YESマンとして都合の良い人になり、
たくさんの物を背負い込んではいないか?
お人よしすぎるのではないか?
我慢をする自分を美徳や陰徳と勘違いしていないか?

そして数年前、ついに気づいたのでした。
自分が相手の乗り越えるべき問題を背負う必要はまったくない。
相手も相手自身の敵に負けているから支配的に言っているだけだ。

いつも自分自身でYES or NOの「決定」を下す。
NOの時、YESに変えないことは勇気がいる。

NOの時、自分の敵は目の前のアイツじゃない。
汗が出る、声は震える。
勇気を出すことがこんなにも大変だとは・・

ただ、自分に打ち勝つ勇気を出しただけで、自信がついた。
そして今は、伝えるべきことはきちんと伝えています。

最大の敵は自分。
全てにおいて、決定しているのは自分自身。
胸の中で甘く囁きかける私は私であって
私ではない。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 木下 暁子(きのした あきこ)
http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

発行人: 一般社団法人 人間塾 代表理事 小倉 広(おぐらひろし)
http://www.ningenjuku.net/company/
——————————————————————————————

編集後記

認定講師の木下暁子です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

長野県は今、7年に一度の御柱祭が諏訪地方で開催され
先週の木落しでは32万人の観光客が訪れたそうです。
高遠では桜が咲き誇り2万人の観光客で小さな町は人と
車であふれています。
駒ヶ根市でも7年に1度の光前寺の御開帳が始まり、
しだれ桜の開花と合わさり渋滞が見られるようになりました。
賑やかな春です。

見渡せば山のあちこちでピンクが見えて、里では桜吹雪。
田舎の醍醐味かもしれません。

最後になりましたが、このたび大規模な地震で被災された
皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復旧を
心よりお祈り申し上げます。

お知らせ
Amebaブログ 
「勇気づけて目に見える世界が輝きだした」
http://ameblo.jp/akiko2916/
facebook
https://www.facebook.com/akiko.kinoshita.5


利用規約