人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.41 「予想通りにならない」

vol.41「予想通りにならない」

実際世の中のことは、今さら申すまでもないことですが、すべてが因縁でありまして、
深く考えれば、自分の力で得たことは何一つとしてないのです。          
かく考えて来ますと、お互いにこの因縁の持つ無限の意味をよく考えて、深くこれを
生かさねばならぬと思うのです。    森 信三               

今までの人生を振り返ると、殆どのことが自分の予想通りになっていない事に驚きます。

妻との出会いは、友人の紹介でした。

さらにその友人は、高校の時の友人が紹介してくれました。

高校の友人とは、たまたまクラスの席が前後で話すようになり仲良くなりました。

そう考えると、すべての縁が複雑に折り重なって今の自分へと繋がっているのだな、と
感じます。

そのうち、一つのボタンが掛け違っていても、今の状況とは違う状況だったのでしょう。

仕事も 友人も 家庭も

思えば、一番身近で毎日お世話になっている自分の身体ですら、100%
そのメカニズムや働きを私たちは理解することは出来ていません。

それなのに私は、大人になるにつれて様々な事を「わかったつもり」に
なっていました。

世の中とはこういう所。

幸せとはこういう事。

自分はこんな人間だ。

その「わかったつもり」で判断してしまい、色々なものを測り、比べ、『苦しいな』と
感じる事が多かったのだな、と気が付きました。

見えない未来を予想し、変えられない過去を憂いていました。

自分が今直面しているもの、持っているもの。それが良い事でも悪い事でも 
自分に何故か“今”与えられているのですよね。

そして、その意味を人知で知ろうとするには限界があるのかもしれません。

だからこそ“今”を精一杯に生きよう。と思いました。

それから、色々な事に気が付くようになりました。

今日はこんなにいい天気だな。

朝、すっきり目覚められたな。

子供たちに「おはよう」を言えたな。

今『持っているもの』って沢山ある。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 川田 浩也(かわた ひろや)
http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

編集後記

認定講師の川田 浩也です。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

忙しい毎日の中で、流されるように、感じるままに過ごしていた時期がありました。

その時に“悩み”“苦しみ”と出会ったことが、実は今の自分には必要だったのだな、と
最近感じています。

偶然ではなく必然 という言葉を聞いたことがありますがそれをどう捉えるかは自分自身の
課題なのですよね。

そんな“捉え方”を学べるのが人生学です。

私も亀のような遅さですが、自分でできる事を少しずつ実践しております。

まだまだ道のりは長いですが、一緒に学び、実践している仲間の存在は本当に心強いです。


利用規約