人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.29「短所も丸受けする」

vol.29「短所も丸受けする」

『他人の短所を見れば憂うつになり、
  他人の長所を見れば人生が明るくなる』 デール・カーネギー

『腰がまた痛むので病院に行きます…』

朝一番森下さん(仮名)が元気の無い声で電話してきた。
私は心の中で『またかよ…勘弁してくれよ』とつぶやいた。

連休明けや上司から叱られた次の日は必ずと言って出る腰痛。
『今日は森下さん腰痛のため病院に行くと連絡ありました』と朝のミーティング
で言うと『昨日○○さんから怒られてたからなあ』とぼそぼそと他の社員から声
が漏れてきた。

実際2年ほど前にも腰痛の療養を目的に半年間会社を休んで治療に専念してもら
ったが全く良くなった気配が無い。良くなるどころかかえって悪くなったのでは
無いかと思えるほどだった。

ただ学生時代に腰を悪くしてヘルニアを患っているのは事実で、数年前にも工
場内作業で腰を打つ怪我もしている。なので本人の言う事を信じたいが、単なる
腰痛だけとはとても思えない。

そんなある日家族に送迎してもらって会社に来ている森下さんを見た。『自分で
運転できないほど腰痛がひどいの?』と聞いてみたが『いいえ…そういうわけで
は無いんですが…家族が送ってあげようと言うもんで…』と気のない返事が返っ
てきた。

気になったので迎えに来ていた家族に声をかけると『送迎でもしないとすぐに会
社を休もうとするので…』と申し訳なさそうに話してくれた。

鬱病では無いが、このまま放っておくと精神的に病んでしまうのではないかと思
ったが、どう対処して良いものか苦慮していた矢先、森下さんから転職したいと
相談を受けた。
家族もあるし、次の仕事が見つかるまでは辞めずに働いて良いと伝えて、職探し
のために有休を取るように勧めた。しかし心の中で正直”ラッキー”と思う自分が
いた。

そんな時大学の同級生から関西に出張に行くので一緒に飲まないかと誘われた。
元々営業を担当していた彼だったが最近になって人事に異動になり、採用活動や
人材教育の難しさをつくづく感じているようだった。
私は入社以来約20年人事も担当してるので先輩風を吹かせながら『まあいろんな
社員がいるけれど今いるメンバーがベストメンバーと考えてやることやな』とア
ドバイスしながら森下さんの顔を思い浮かべた。

他の社員と比べると問題が多いかもしれない。でも良いところもたくさん持って
いる。みんなが嫌がるような古い機械の洗浄や、工場周りの草刈りなど率先して
やってくれている。

人には偉そうに『今いるメンバーがベストメンバー』なんて言っておきながら、
自分はそう考えて行動できているだろうかと振り返るとなんだかとても恥ずかし
い気持ちになった。

本当に変わるべきは森下さんでは無く私ではないだろうか?
そもそもどんなに正論を振りかざしたところで他人を変える事なんて出来ない。
ならば他人の悪いところも丸受けして受け入れれば、きっと打開策が見つかるの
では無いだろうか?

森下さんは決して仕事が遅いわけでは無いし、人が嫌がることでも進んでやって
くれている。その部分に注目し何かお願いしたことが終わる度に『ありがとう、
助かったよ』と声をかけるようにした。
また時間のあるときは一緒に作業をして、とにかく話しかけコミュニケーション
をとることを意識した。

それだけだったが、確実に変化があった。相変わらず腰痛は起こるようだが腰を
冷やさないようにするなど自分で出来る対策をとるようになった。また家族の送
迎を断って自分で出勤するようになった。

それから間もなく『最近仕事探しはどうなの?』と声をかけてみた。森下さんか
ら『こんなにいっぱい仕事を頼まれているのに辞めれませんよ』と笑顔で返事が
かえってきた。

今胸を張って言える事がある。
それは”今いるメンバーがベストメンバーである”ということだ。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 赤埴 忠至(あかばねただし)
⇒ http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

編集後記

認定講師の赤埴忠至です。
最後までお読みくださりありがとうございます。

人にはそれぞれ長所と短所があります。
当然私にも短所があり、短所を無くすことばかりに多くの時間を使ってきたなと
感じています。しかし、短所はいつまでたっても無くなりませんでした。
自分の悪いところも含めてまずは丸受けする。そうすることで徐々にですが他人
の短所も丸受け出来るようになって来たと思っています。
そうすると人間関係がうまく回りだす。
相手に短所があるのは、短所も含めた全てを受け入れる勇気を相手に示すためで
はないかと最近思える様になりました。

まずダメな自分を受け入れる。そうすることで他人の短所も丸受け出来るように
なる。
そんなエッセンスを人生学を通して一緒に学んでいきましょう!

●人生学2級講座:認定講師 三好清太郎 
料金 24,840円(税込) 最低遂行人数 2名~
2015年2月21日(土)http://www.ningenjuku.net/jinseigaku_course/2nd_grade/

●人生学1級講座:講師: 代表理事 小倉広
受講料金:78,000円 テキスト代:3,000円 認定料:15,000円 合計:96,000円(税抜)
2015年3月14日(土)・15日(日)定員:15名

○赤埴忠至のブログ【奉礼謝~日々感謝、日々実践~】
  日々の気づきを実践していく”コツ×コツ”で綴っています!
  http://ambition646.blog.fc2.com/


利用規約