人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.17「『最善観』神の恩寵的試練 」

   vol.17「『最善観』神の恩寵的試練」

わが身に振りかかってくる一切の出来事は、自分にとっては絶対必然であると
共に、また実に絶対最善である。(森 信三)

先日、所用があって人通りの少ない芦屋浜(兵庫県)の埋め立て地を
自動車で走っていたら、後ろから赤色灯を点灯させたパトカーが走って来た。
道を譲ろうと思って左に寄って停車すると、パトカーも私の後ろに停まった。

この時、4年半前の記憶が鮮やかに蘇りました。
夜、交通量の少ない道路を自動車で走っていて、やはり赤色灯を
点灯させてサイレンを鳴らしたパトカーが走って来たので、道を譲ろうと
思って道路の左に寄って停車したら、「免許証を出して下さい」と言われ、
「どうしてですか?」と聞いたら、「信号無視したでしょう!」と言われ
たのです。

こちらは自覚が無いので「信号を無視した覚えはありません」と答え、
「免許証を出すと違反キップ(交通違反告知書)を切られるので
出したくありません」と拒否しました。
そうすると、「とりあえず、免許証を見せて下さい」と言うので提示すると、
案の定、とりつく島もなく違反キップを切られました。

そのやり取りが不満であったのと、こちらは信号を無視した覚えが無いので、
違反キップへの署名を拒否すると、警察署へ連れて行かれ、調書を取られたり、
説得されたり、2時間以上も拘束されました。
それでも署名せず、書類送検され、結果は不起訴処分で無罪。
ところが、世の中には私たちの知らないことも多く、「刑事処分と行政処分は
別」とのことで2点減点されてゴールド免許を剥奪され、とても悔しい思いを
しました。

話は芦屋浜へ戻ります。
私が車外へ出て「何ですか?」と聞くと、「一旦停止違反です」と言う。
パトカーに乗っていた警察官は一人で、「私は追跡役なので見ていませんが、
現認した警察官から無線で連絡を受けています」と言う。

そうこうしていると、息をせき切らせながら、交差点で張っていたという
警察官がやって来た。
「ブレーキを踏んで停止して左右確認した」と言う私と、「確かにブレーキは
踏んでいたが完全に停止しなかった」と言う警察官の押し問答が続く。

そして、「免許証を見せて下さい」、「否応なく違反キップ切られるから
イヤです」というやり取りが続いたが、相手は一歩も引く気配を見せない。
そのうち、免許証を提示しないと逮捕されそうな雰囲気になってきた。

観念して免許証を提示して、パトカーの後部座席に乗り込み、違反キップに
記入する質問に答えながら、気持ちが大きく変化してゆく自分に気づきました。

4年半前の出来事を「運が悪かった」と思い、「くっそう、必ずゴールド免許に
返り咲いてやる!」と思い続けてきたことが間違いだったのでしょう。
自分が悪いことをしたと思わず、「運が悪い」とか「こんなところで隠れて
取り締まりをしている方が姑息だ」などと思うのではなく、法律を守って
安全運転を心がけることの方が本当に大事なことなのです。

そう思うと、大きな事故もなく、怪我もせず、こうして警察官と押し問答
していることが幸せに思えてきて、最後に「お手数かけました。
有難うございました!」と言ってみると、不思議な位に肩の力が抜け、
清々しい気持ちになりました。

ゴールド免許は、また5年間お預けになりましたが、次の目標と安全運転の意識、
そして深い学びを得ることが出来ました。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 福本浩之(ふくもとひろゆき)
⇒ http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

編集後記

人生学認定講師の福本浩之です。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「神様は同じ宿題を出し続ける」と言います。そして、森信三先生は
こうも言っています。

「人間苦しい目に出遭ったら、自分をそういう目に遭わせた人を恨むよりも、
自分のこれまでの歩みの誤っていたことに気づかねばなりません。
かくして初めて自分の道も開けるのです」と。

人生学の講師としても、まだまだ勉強中のこんな私ですが、
一緒に自分探しの新しい一歩を踏み出してみませんか?

●人生学体験講座
①2014年12月16日(火)19:30~21:00
②2014年12月27日(土)13:30~15:30
料金 2,000円(税込) 最低遂行人数 2名~
(上記講座を含めた体験講座のご案内)
http://www.ningenjuku.net/recent/

●人生学認定2級講座のご案内
http://www.ningenjuku.net/jinseigaku_course/2nd_grade/

●福本浩之のブログ【生き方・人間力を高める!福本浩之の人生学ブログ】
http://ameblo.jp/fukugenki-jinseigaku

次回の執筆者は、長野県で活躍されている木下暁子さんです。
ご期待下さい!!


利用規約