人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.16「 小さな手 」

   vol.16 「小さな手」

・・・・・私たちの生き方には二通りしかない。
        奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
        すべてが奇跡であるかのように生きるかである。・・・・・

                 アルベルト・アインシュタイン

まったくこんなに忙しいときに!
イライラしながら「行くよ!!」と強い口調で声をかける。
子供って本当に面倒くさい。
幼稚園に通うようになって、色々なことができるようになった次男。
朝の幼稚園への送迎は私の担当だ。
仕事の時間が近づく・・・バタバタと準備をしている最中、
おもちゃ箱をひっくり返す音が・・・・

大きくため息をついて、もう一度頭の中で繰り返す。

子供って本当に面倒くさい・・・。

最近、仕事でもストレスがたまっていた。
家にいる時にも子供のちょっとした言動がイライラの種になる。
「コラ!」「ダメだろ!」
子供に対して口をひらくとそんな言葉が多くなっていた。

ある日、いつもと変わらず次男と玄関を出て幼稚園に行く道すがら
次男の方から私の手をギュッと握ってきた。
そして私の方を向いてとても嬉しそうな笑顔を見せてくれた。

その時、私の脳裏に次男が産まれた時の事が浮かんできた。

予定より早い陣痛。
妻の手を握りながら、どうか無事に産まれてくれることだけを祈っていたあの時間。
そして、最初に君の泣き声を聞いた時のあの感動・・・。

いつの間にか、家族は当たり前の存在になり、日常の一部になっていった。

けれど、そうではないのだと、その時に気が付いた。

この世で、たった一人の、次男。
自分のもとに、縁あって生まれてくれた次男。
その次男とこうして手を握り、平和な日常の中を暮している。

そして、この手はどんどん大きくなる。
今のこの手の大きさ、この手のぬくもりは今だけのものなのだ。

そう感じた瞬間、込み上げてくるものに耐えきれず、涙を流してしまった。

不思議そうに見上げる次男。
私は繋いでいる手のぬくもりを感じながら
「ありがとう」と心の中でつぶやいた。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 川田 浩也(かわた ひろや)
⇒ http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

編集後記

人生学認定講師の川田浩也です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

どんなものにも「出会い」があり「別れ」があります。
自分が出会い、今も繋がりがあるものに対して振り返る機会の大切さを実感した出来事でした。

日々の様々な体験もまた「出会い」の一つなのかもしれません。

起きた出来事を、どのように受け止め、また活かしていけるか。
幸せな人生を送るためには大切な事だと思います。

人生学の講座では、幸せな人生を送るための「生き方」や「人間力」の高め方を学び、
具体的な方法をお伝えしています。

体験講座も各地で開催していますので是非お気軽にご参加ください。

ご一緒に人生学を学びませんか?

●人生学体験講座 【栃木県での開催です】

料金 3,000円(税込) 
2014年11月28日(金)19:00~20:30
(上記講座を含めた体験講座のご案内)
http://www.ningenjuku.net/recent/

●人生学認定2級講座のご案内
http://www.ningenjuku.net/jinseigaku_course/2nd_grade/

● 川田 浩也のブログ【ファウンデーションオーガナイザー 川田 浩也】
 ⇒ http://ameblo.jp/okabancho 

☆次回の執筆者は大阪で活動をされている福本 浩之さんです。
お楽しみに!


利用規約