人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.107「感謝するほど合格する」

「子供を入試の直前に感動させると合格率があがる」
                           木下晴弘

受験シーズンも終わりに近づくこの季節に
いつも思い出す出来事がある。

3年前、私の娘が高校受験をした。
娘は担任の先生の忠告を聞かずに
自分の成績より少しだけレベルが高い
公立高校を受験することを決めた。

その時に親として言ったことは
「自分が決めたことだから後悔はするなよ」だけだった。

受験当日、最寄り駅まで娘と一緒に歩いて行った。

その時、ふと人生学で学んだ
木下晴弘先生のコラムを思い出した。
それは「感謝するほど合格する」というコラムだ。
内容は
「子供を入試の直前に感動させると合格率があがる」という内容だった。

それを思い出した私は、
駅までの道すがら娘にこう伝えた。
「今までよく頑張ってきたな。
今までやってきたことが素晴らしいんだから、
今日は思い切ってやってこいよ。
ただ、頑張ってきたのはお前ひとりじゃないよね。
ちゃんとお母さんに感謝の気持ちを伝えたらどうかな。」

その時、娘はただ一言「うん。」とうなづくだけだった。

その日、私が仕事から家に帰った時、
妻が嬉しそうに「今日ね、娘から「ありがとう」って
言われて嬉しかった~」と聞かされ、
「あ、ちゃんと言えたんだな」と安心した。

合格発表の日、何となく仕事に手がつかない私に
妻から一通のメールが届いた。

「受験、ダメだったって」

「あー、受からなかったのかぁ。私立の高校に決定だな。」

その日、妻と娘は私立の入学手続きなどで
バタバタと一日が過ぎた。
私が仕事から帰り、
お風呂に入っているとドアの向こうから娘の声が聞こえてきた。

「私立高校に行くことになってごめんなさい」

私は少し黙ったあと、
「頑張った結果なんだから仕方が無いだろ。
自分がもっと頑張れたのにと思うのなら反省しなさい。
ただ、どこの高校に行くのかが問題ではなくて、
そこで何を学ぶのか、何をするのかが問題だとお父さんは思うよ。」
とだけ言った。

特に返事はなかったが、どの様に受け取ったのだろうか。

翌日、仕事中に妻からメールが届いた。

「繰り上げ合格だって! 今から手続してくる!」

え??繰り上げ合格? そんなことがあるの?

娘が受けた公立高校で辞退する子が出て
娘が繰り上げで合格となった。

こんな出来事が3年前にありました。
親に感謝の気持ちを伝えたことと
繰り上げで合格したことは直接の関係性があるのかはわかりませんが、
感謝の気持ちや感動する心が
どこかで大きな働きとなっているような気がしてなりません。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 山田 隆任(やまだ たかとお)

発行人: 一般社団法人 人間塾 代表理事 小倉 広(おぐらひろし)
http://www.ningenjuku.net/company/
——————————————————————————————

人生学認定講師の山田 隆任です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この時期になると3年前のことが思い出されて、
「感謝の気持ち」や「感動するこころ」を
持ち続けることの大切さを思い出させてくれます。
普段生活をしていると、
不満だったり愚痴をこぼしたくなりますが、
一年に一回、この時期になると感謝の気持ちの大切さを
改めて思い出させてくれます。
「あたりまえ」のことを「ありがたし」と思うことで
日々の生活がより良く生きられるのではないのでしょうか。


利用規約