人間力を高める 一般社団法人 人間塾


vol.101「一歩、一歩」

人生の歩みの中には、ジェット機はありません。
自分の足で、自分が歩いていくしかありません。
描いた夢に至る手っ取り早い手段や近道があると思うなど、
とんでもないことです。
一歩一歩をシャクトリ虫のように進んでいく。
これが偉大なことへ、チャレンジする姿勢です。     
                  稲盛和夫

この、稲盛和夫氏の言葉が今心に突き刺さっています。
私の現時点での夢は、今抱えている大きなプロジェクトを
形にすること。

昨年末に、なんとか意思決定まで終わらせたいと
願っていたのですが、年末の役員会での報告は
ボロボロに終わりました。

確かに、こう言われても仕方がないと思えることが
たくさんあって、後には後悔と悔しさが残ったのです。
正直、役員会での報告の最後の方は、
その場から一刻も早く逃げ去りたい気分になるほど
心は折れかけていました。

けれど、心の中では1度でうまくいくはずがないとも
思っていたのです。
だから、心は折れかけで済んだのだと思います。

今までの自分が全く努力してこなかった訳ではない。
ただ、詰めの甘さや、誰かが助けてくれるだろうという
どこか緩んだ部分があったと自分で認めざるを得ない
部分があり後悔をしました。

役員会では失敗に終わり、
その日の夜は、かなり自暴自棄になっていましたが、
この稲盛氏の言葉を思い出し感じたことは、

シャクトリ虫でもなんでもいい。
夢や目標を達成するためには
一歩一歩その時その時の課題を自分の足で
乗り越えなければその先は崖。
崖を超えるには遠回りになったとしても
険しい道を進まなければ道はない。

ジェット機・・・いいなぁと空を見上げながらも
いつかは羽ばたくと信じたい。

仕事だけでなく、
今を生き抜くすべての人に伝わる言葉なのではないかと
感じています。

筆者:一般社団法人 人間塾
人生学認定講師 木下 暁子(きのした あきこ)
http://www.ningenjuku.net/qualified-list/

発行人: 一般社団法人 人間塾 代表理事 小倉 広(おぐらひろし)
http://www.ningenjuku.net/company/
——————————————————————————————

新年あけましておめでとうございます。
人生学認定講師の木下暁子です。

お正月料理でプラス1キロ。
めでたくふくよかになりました。
毎年、今年こそは痩せたいと言いながら
プラスになっていくこの体。
新年早々、何とかしなければ・・・と
思い、痛む腰をかばいながら腹筋を始めました。
いーち、にーぃ、と息子にカウントをされながら
お願いだからカウントしないで・・と心で叫び
頑張っています。

最後になりましたが、
本年もよろしくお願い致します。
今年は皆様にお会いできるよう精力的に動きたいと
思っております。


利用規約